サブスクの魅力と最新情報はこちらから

観葉植物サブスクリプションおすすめ4社を徹底比較!安いのは?

観葉植物サブスク

観葉植物は、室内に安らぎや季節感をもたらしてくれる、人気のインテリアアイテムです。

サブスクリプションを利用すれば、忙しい人や植物の知識がない人も、自宅や店舗をおしゃれに演出できます。

観葉植物のサブスクを手がけるおすすめ業者を紹介します。

観葉植物のサブスクリプションとは?

観葉植物サブスク

観葉植物のサブスクリプションは、毎月一定の料金を支払うことで、常に新鮮な観葉植物をレンタルできるサービスです。

豊富なラインアップの中から、イメージにぴったりの品種を選んで届けてくれる他、水やりや施肥、交換などのメンテナンスもしてもらえるので、観葉植物の育て方が分からない人も安心して利用できます。

基本的にはオフィスや店舗、病院などの法人向けサービスですが、個人宅に対応している業者も増えています。

観葉植物のサブスクリプションおすすめ4社を徹底比較

観葉植物サブスク

観葉植物のサブスクリプションは、業者によって商品のラインアップや月額料金、サービス内容が異なります。

おすすめの4社について、特徴や料金などを見ていきましょう。(価格は全て税抜)

HitoHana(ひとはな)のレンタルサービス

「HitoHana」は1万種以上の植物を扱う、花と観葉植物の通販サイトです。主にオフィス向けに、HitoHana(ひとはな)のレンタルグリーンサービスも手がけています。

これまでに「HitoHana」のレンタルサービスを利用した会社は5万社以上と、確かな実績を誇る業者で、個人宅にも対応しています。

HitoHanaの特徴

  • 通販サイトにある植物・鉢カバーは全て1個からレンタル可能
  • レンタルすると、月2回のメンテナンスサービスを格安で受けられる
  • オフィスや自宅のイメージに合わせて、植物の配置や鉢カバーのデザインを提案

HitoHanaの月額料金

サイズ 月額料金
ミニサイズ 500円
中型サイズ 1,500円
特大サイズ 5,000円

メンテナンス料金/1鉢:月1,000円

料金はあくまでも目安です。詳しい料金を知りたい人は、公式サイトから問い合わせして見積もりを出してもらいましょう。

>>公式サイトはこちら<<

HitoHanaのラインナップ

オフィス向けのグリーンとして人気の高いユッカやカポック、ドラセナ、パキラなどを多彩に取りそろえています。
日当たりや湿度など、飾る場所の環境に合わせて適した品種を探せるのもポイントです。

鉢植えのサイズは高さ別にミニ・小型・中型・大型・特大の5種類から、ハンギングタイプは鉢の直径によって小型・中型・大型の3種類から選べます。

HitoHanaの口コミ

「HitoHana(ひとはな)」の口コミからは「丁寧な対応」や「きめ細やかな提案」に対して満足している様子が分かります。

公式サイトから引用
株式会社リム・プランニング 福島悦子さま
初めは大手の他社様にお見積もりをお願いしておりました。
比較検討しようと、インターネットで検索をしているとHitoHanaさんに出会いました。
鉢カバーにはこだわりがあったので、たくさんの種類の中から選べたことが良かったです。
実際にお電話をしてみると、とても丁寧にお話をしていただいたことが好印象で、
それが決め手でこちらにお願いさせていただきました。
納品された植物も思っていた以上にとても新鮮で立派です。
HitoHanaさんのお花に対する熱意を感じますし、こちらにして良かったと思います。

株式会社SUPER STUDIOさま
新オフィスの緑化をお願いしました。 植物選定の際は細かなリクエストに対応いただいたことで、モダンなオフィスデザインを崩すことなく、さらに社員がリラックスして過ごせるような温かみのある空間を作っていただきました。プロの目線で定期的にメンテナンスも行っていただいているので、植物をきれいな状態を保つことができ、オフィスブランディングとしても助かっています。 ありがとうございました。




>>HitoHana(ひとはな)の公式ページ

GOOD GREEN

GOOD GREEN」は、手軽で分かりやすい料金が好評の観葉植物サブスクリプションです。

個人向けの格安プランから大きなオフィス対応のプランまで用意されており、予算に合わせて無駄なく利用できます。
無料トライアル期間が設けられているので、観葉植物サブスクリプションを初めて利用する人にもおすすめです。

GOOD GREENの特徴

  • 月900円から利用可能
  • 利用期間の縛りがない
  • 訪問メンテナンスあり
  • 購入した観葉植物の処分、廃棄にも対応

GOOD GREENの月額料金

ラージサイズ(130cm~) 月額料金
スタートアッププラン 1,780円
マイグリーンプラン 1,980円
スタンダードグリーンプラン 2,480円
ベーシックサイズ 月額料金
マイグリーンプラン 900円
スタンダードグリーンプラン 1,300円

ラージサイズのスタートアッププランは、GOOD GREENがセレクトした大きな鉢を三つまで同時に借りられるお得なプランです。
鉢は6カ月に一度、交換可能です。(他のプランは3カ月に一度)
水やりは自分でしなければなりませんが、施肥や病害虫のサポートメンテナンスが付いています。

植物の種類にこだわらず、低料金でレンタルしたい人におすすめです。
たくさん借りたい人や、水やりも全てお任せしたい人は、スタンダードグリーンプランがお得です。

GOOD GREENのラインナップ
GOOD GREENでは100種類以上の鉢植えの他、ハンギングや寄せ植えタイプも選べます。鉢カバー、土カバーも豊富にそろうので、インテリアの雰囲気に合わせやすいでしょう。

GOOD GREENの口コミ
GOOD GREENの口コミでは「リーズナブルな料金」「対応の早さ」などが評価されています。

公式サイトから引用:
リフォームに合わせて観葉植物のレンタルを発注しました。無理に設置鉢数を増やそうとすすめてくることもなく、また自宅で育てている植物の相談にものってもらいました。おしゃれな装飾品も無料な上に、低価格なレンタルプランがあったため、とても満足しています。(千代田区の歯医者)

複数のレンタル業者を比較しましたが、対応が非常に素早く丁寧で、提案書もわかりやすくまとまっていたため、スピードが大事なベンチャー企業としては話を進めるのがラクで気持ちがよかったです。観葉植物もオシャレでセンスが良いものが他よりも多いです。(渋谷区のITベンチャー)

導入する前に何社か見積もりをとりましたが、植物を設置するだけではなく鉢にもこだわったり、こちらの意見をきちんと聞きながら相談に乗ってくれたのがよかったです。提案書もとてもきれいで丁寧でした。(都内の外資系オフィス)

>>GOOD GREENの公式ページ

花門フラワーゲート「hitotoki」

hitotoki(ひととき)」は、花の販売から造園までを総合的に手がける企業「花門フラワーゲート」の観葉植物レンタルサービスです。

花門フラワーゲートは日本で最初に草花のレンタルサービスを始めた会社としても知られ、観葉植物のサブスクリプションでも豊富な実績を誇ります。
専任のグリーンコーディネーターやクリエイティブプランナーが、植物の配置や樹形まで、プロの視点で提案します。

hitotokiの特徴

  • 東京都三鷹市に自社の農場を所有。実物を見ながら商談できる
  • 花や香り、音など観葉植物以外のサブスクもあり
  • オフィス空間をトータルにプロデュースしてもらえる

hitotokiの料金

鉢のサイズ 月額料金
大鉢 (約150~180cm) 2,500円
特中鉢(約100~150cm) 2,000円
中鉢(約80~100cm) 2,000円
小鉢(約30cm) 700円

料金は標準の鉢カバーを付けた場合の目安です。
実際の価格は鉢カバーのデザインや配送エリア、置き場所の環境によって変わるため、詳しくは見積もりを取る必要があります。

相談や提案は無料なので、気軽に問い合わせてみましょう。

hitotokiのラインナップ

「hitotoki」では上記の4サイズの鉢植えの他、特大サイズや壁面への植え込みにも対応しています。
ハロウィンやクリスマスなどのイベント用グリーンも多数あり、季節感を演出したいときに便利です。

hitotokiの口コミ

「hitotoki」の口コミには、適切な提案やメンテナンスによって観葉植物の癒し効果が十分に発揮され、お客様も従業員も喜んでいるといった、感謝の言葉が多く見られます。
長年の経験と多くの植物を手がけてきた実績が、高評価につながっているようです。

公式サイトから引用しました!

■観葉植物レンタル レストラン・カフェ「お客様のお声」
・・・ご来店のお客様から、テイクアウトで公園に行くより、店内で食べた方が森林浴のようなほっとした感じがあるとのお褒めの言葉をいただきました!従業員一同も、植物に癒されながら楽しく働いています!!植物という共に呼吸する生き物が傍らに寄り添っていると思うと、なんだか心強いです!

■観葉植物レンタル マンション・ホテル・ホール「お客様のお声」
・・・以前の殺風景なフロアとうって変わり、深呼吸したくなるような空間になりました。植物が同じ空間にあるだけでこんなに変わるとは思いませんでした。
植物に囲まれた空間は、利用者様の憩いの場となっております。

■観葉植物レンタル オフィス「お客様のお声」
・・・メンテナンスとレンタルの利用をしています。元々うちの事務所にあった観葉植物と合う植物を見立ててもらい、過ごしやすい空間になりました。元気のなくなっていた元からの観葉植物も見違えるくらい元気になり、プロの技に感動しました。管理方法のワンポイントアドバイスも教えていただいて、これまで以上にいきいきしています。

■観葉植物レンタル ショピングモール・ショップ「お客様のお声」
・・・店内の乾燥が激しく、よく植物を入れては枯らしては気持ちまで落ち込んでいました。こちらのサービスを利用するようになってからは、そのような心配はなくなり、植物を楽しめる余裕までできるようになりました。
店に合ったデザインは勿論、日の当たりや室内温度・湿度まで親身になって一緒に考えてくれた担当の方に感謝です!

>>hitotokiの公式ページ

ユニバーサル園芸社「レンタルグリーン」

ユニバーサル園芸社は、創業から50年以上の歴史を持つ観葉植物サブスクのリーディングカンパニーです。
業界で唯一JASDAQ市場に上場しているなど、信頼性の高さも魅力です。

レンタルグリーンの特徴

  • 園芸装飾技能士1級を取得したグリーンコーディネーターが50名在籍(2020年現在)
  • 大企業から個人商店まで幅広い対応力
  • 独自の入手ルートと配送ネットワークを持つ
  • 月1~2回のメンテナンスあり
  • 初めて利用する場合は無料期間あり

レンタルグリーンの料金

鉢のサイズ 月額料金
大鉢(160cm~) 2,500円~
中鉢(90cm~) 1,500円~
小鉢(30cm~) 500円~

上記のサイズの他、吊り鉢や花鉢、アレンジ鉢もあります。正確な料金は見積もりで出してもらいましょう。

レンタルグリーンのラインナップ

ユニバーサル園芸社では、小鉢から5m以上の特大サイズまで、幅広いラインアップが自慢です。
全国に13カ所の温室を所有し、日本では手に入れにくい珍しい品種もそろえています。

希少品種はお世話が大変ですが、サブスクなら定期的なメンテナンスを受けられるので安心です。

他とかぶらない、個性的なグリーンインテリアを楽しめるでしょう。

レンタルグリーンの口コミ

レンタルグリーンに対する口コミは特に見つかりませんでしたが、全国で1万件以上の利用実績があることから、安心してお任せできる業者と考えられます。

>>レンタルグリーンの公式ページ

観葉植物のサブスクのメリット・デメリット

観葉植物サブスクメリットデメリット

観葉植物のサブスクは近年、ショッピングモールやオフィスビルにとどまらず、カフェや美容室、個人の自宅など、さまざまな場所で利用されています。
観葉植物のサブスクの特徴を、メリットとデメリットに分けて見ていきましょう。

観葉植物サブスクのメリット

観葉植物は生き物なので、買って終わりというわけにはいきません。
長期間枯らさずに、美しい姿を保つためには、適切な水やりや病害虫の予防が欠かせないのです。

どんな植物をどこに置いたら映えるのか、鉢カバーは何を選べばよいのかといったデザインの問題も、素人には分かりにくいでしょう。
その点サブスクなら、観葉植物のプロがおすすめの植物や飾り方を教えてくれます。

定期的なメンテナンスによって、いつでも元気で美しい状態を保てる他、季節に合わせて飾る植物を交換することも可能です。自分で買い換えるときのように、枯れた植物を処分したり重い鉢を運んだりする必要もありません。

観葉植物サブスクのデメリット

自分で選び、育てた観葉植物には愛着がわくものです。サブスクはメンテナンスを全てお任せできるので「育てる」「世話をする」という楽しみがなくなります。

ホームページやカタログで注文する場合、枝ぶりや葉の色などが写真と違っている可能性も十分あります。
個人宅の場合は、メンテナンスが平日のみの業者も多く、在宅しなければならないのもデメリットといえるでしょう。

\お花の定期便もあります/
しょぼいって本当?ブルーミーライフの口コミ・評判を利用者がレビュー

観葉植物のサブスクと購入、どっちがお得?

観葉植物サブスク

観葉植物はホームセンターやネットショップで簡単に購入できますが、サブスクと比べるとどちらがお得になるのでしょうか。

販売とレンタルの両方を手がける「HitoHana」で比べてみましょう。

「HitoHana」のネットショップでは、パキラの中型サイズが12,100円で買えます。

楽天やYahoo!ショッピングではこのようなお値段です。

一方、同じ鉢をサブスクすると、月々1,500円のレンタル料がかかります。
8カ月で12,000円ですから、9カ月以上飾りたい場合は購入する方がお得です。

ただし購入すると、自分で世話をしなければなりません。
肥料や剪定用のハサミ、植え替え用の土や鉢なども、新しく買うことになります。

もし病気になったり虫が湧いたりしたら、その対策も必要です。
サイズが大きなものは、枯れてしまったときの処分にも手間がかかるでしょう。

観葉植物の扱いに慣れていて、道具がそろっている人はともかく、世話に費用や時間をかけられない人は、サブスクの方がお得感があるといえます。

サブスクリプションで観葉植物をもっと身近に

観葉植物サブスク

観葉植物のサブスクを利用すれば、月数百円から数千円の予算で自宅や店舗を安らぎの空間にチェンジできます。

わずらわしいメンテナンスが不要で、病害虫の心配がないのもうれしいポイントです。お得なサブスク業者を選んで、緑のある暮らしを満喫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です