サブスク基礎知識と最新情報はこちら

サブスク管理は家計を救う!見える化にする理由とおすすめのアプリを解説

サブスク管理

サブスクの管理が大変だ……と悩む方も多いのではないでしょうか。

サブスクは月額制のものが多いのですが、年に1度の更新料だったり数か月に1回まとめて支払うタイプだったりと、ややこしいですよね。

しかし、スマホアプリを使うとサブスクの管理がとっても簡単にできます。

本記事では、17個のサブスクに同時加入していたこともある「サブスクどハマり主婦」が、サブスクを管理することの重要性について解説します。

サブスク管理を見える化にする理由3つ

サブスク管理を見える化にする理由は以下の3つです。

  • サービスによって支払い方法が異なる
  • カード払いは目に見えないことが多い
  • 同じようなサブスクを複数登録していることがある

それぞれを解説していきます。

理由①:サービスによって支払い方法が異なる

1つ目は、サービスによって支払い方法がことなるからです。

サブスクは、基本的には月額制ですが、以下のような支払い方法もあります。

  • 3ヶ月に1回、3ヶ月分の料金をまとめて支払い
  • 月謝に加えて、1年に1回更新料がかかる

特にまとめて支払い方法、忘れると「今月お金がない……」ということに。

サブスクの管理をしておくと、月額制以外のサービスにも対応しやすくなります。

理由②:カード払いは目に見えないことが多い

2つ目は、カード払いは目に見えないことが多いからです。

サブスクの支払いは、スマホ決済やクレジットカードのことが多いでしょう。

しかし、スマホ決済やクレジットカードの明細まで見る人は少ないのではないでしょうか。

サブスクを管理して「目に見える」ようにしておくと、家計の見直しがしやすいほか、サブスクの断捨離もしやすくなります。

理由③:似たようなサブスクに複数に登録している

2つ目は「似たようなサブスクに複数入っている」ことです。

例えば映画だと、Amazon PrimeとNetflixの両方に入っている人も多いのではないでしょうか。

両方とも定期的に利用しているなら、問題ありません。

しかし、いつかは観るだろうと放置していたり、登録したこと自体を忘れていたりといったことから使わないのに月額だけ支払っている……ということも。

他にも音楽や電子書籍など、「サブスクの管理をしていないと、知らぬ間に複数の似たようなサブスクの支払いしている」というケースは様々なものであります。

 

サブスクの管理におすすめの方法は「スマホアプリ」

サブスクの管理で1番おすすめの方法は「スマホアプリ」です。

スマホアプリがおすすめな理由は以下の3つ。

  • 毎日触るものなので、目につきやすい
  • 紙と違い、間違えて捨ててしまうというリスクが少ない
  • 電卓をたたかなくても、その月の支払総額が一目で分かる

最近では、サブスク管理専用のアプリも登場していますので、複数のサブスクに登録している人はぜひインストールしましょう。

私がおすすめするサブスク管理のスマホアプリ

サブスクを17個同時加入している私が、おすすめしたいアプリは「さぶすく」です。

「さぶすく」のおすすめポイントは以下の3つ!

  • サブスクの管理に必要な機能だけを搭載し、シンプルな画面
  • 無料期間の終了日が近づいたら、プッシュ通知でお知らせ
  • 自分が支払っている料金を、グラフで見える化

特に、「無料期間終了のプッシュ通知」はとても便利!

「最初の1か月はお試しで無料!」というサブスクも多いですが、期間内に解約しなければ自動更新されてしまいます。

お試しで契約してみて、気に入ったサブスクなら問題ないですが、気に入らなかったサブスクに支払うのは嫌ですよね。

「無料期間終了のプッシュ通知」があると、解約期日前にスマホの画面に表示されるので、「解約を忘れて無駄な出費」ということも少ないです。

以下からインストールできますので、よかったら使ってみてくださいね!

さぶすく【サブスクリプション(課金・固定費)をお得に管理】

さぶすく【サブスクリプション(課金・固定費)をお得に管理】

Ryunosuke Nagase無料posted withアプリーチ

サブスク管理して家計管理も楽にしよう!

サブスク管理
本記事では、サブスクを管理が重要な理由とおすすめの管理方法を紹介しました。

サブスクの管理には、どのサブスクに入っていていくら支払っているかを目に見えるようにすることが重要です。

特にスマホアプリだと、いつでも目につくことはもちろん、支払総額が一目でわかるようになっているので楽に管理できます。

サブスク管理を可視化して、家計管理も楽にしてしまいましょう!

こちらも参考にしてみてください。
サブスク解約時に注意すべきこと