サブスクって何?サブスクロードマップはコチラ

寝る前につける香水(寝香水)はどんな効果がある?おすすめはどれ?

寝香水

ゆうき

今流行の寝香水って知っていますか?色んな効果があるのでぜひ試してほしいです。

寝香水は「ねこうすい」と読みます。寝る前につける香水のことです。香水はお出かけのときだけでなく、寝る前にも使えます。良い香りに包まれて眠れるなんて、とてもぜいたくですね。

とはいえ、寝香水と昼間の香水とは選び方やつけ方が異なります。睡眠を妨げず、程よく香るおすすめの香水を紹介していきますね。

寝る前につける香水って?

寝香水

寝香水とは、寝る前につける香水のことです。香水の新たな楽しみ方として、近年SNSなどで話題になっています。

美女として名高いクレオパトラやマリリン・モンローが、寝る前に香りをまとっていたエピソードも有名です。寝香水でさまざまな効果が得られることを、昔の人も知っていたのでしょう。

日中は周囲の視線が気になって、思い切り香水を楽しめない人も、寝香水なら安心です。誰にも遠慮せずに、好きな香りを試せますよ。

寝る前につける香水3つの効果

寝る前につける香水の効果

寝る前に香水をつけると、どんなメリットがあるのでしょうか。寝香水の3つの効果を見ていきましょう。

効果①リラックスできる

ヒノキやユズ風呂でほっとしたり、お花屋さんを覗いて明るい気持ちになったりなど、香りに癒された経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

良い香りには、気持ちを落ち着かせる効果があるといわれています。寝る前のリラックスタイムに香水をつければ、疲れのたまったココロとカラダを、ゆっくりといたわることができるでしょう。

眠っている間も、香りのリラックス効果は持続します。大好きな香りと一緒なら、良い夢を見れそうですね。

効果②安眠できる

寝香水には、安眠をもたらす効果も期待できます。心が緊張状態にあると、体が疲れていても寝つけなかったり、熟睡できなかったりします。

寝香水で気持ちをリラックスさせてあげれば、緊張がほぐれて寝つきがよくなるでしょう。眠りの質も高まり、朝までぐっすりと眠れるはずです。

良質な睡眠は、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌を促進します。疲れが取れ、肌の調子が良くなる効果も期待できますよ。

ただし眠気覚ましや集中力UPに効果の高い香りを使うと、かえって目が冴えてしまいます。ラベンダーやベルガモットなど、安眠効果が高いとされる香料を使った製品を選ぶと安心です。

効果③次の日ふんわりと香りが残る

香水はつけたてよりも、少し時間が経ってからの方が肌になじみ、さりげない香りに変わります。このため、人に会う1時間くらい前につけてから出かけるのが基本です。

とはいえ朝は身支度に忙しくて、そんな余裕がないことも。寝る前に香水をつけておけば、少し香りが残った状態でお出かけできます。

また日本には香水が苦手な人も多く、うっかりつけ方を間違えると「香害」といわれてしまうおそれもあります。

その点でも、寝香水は安心です。ふんわりと優しく香るだけなので、混んだ通勤電車でも周囲の視線を気にせずに済むでしょう。

翌日に香りを残したい人は、「オーデパルファン」のように持続時間が長いタイプを選ぶのがポイントです。逆に香りを残したくない人は、「オーデトワレ」や「オーデコロン」を使いましょう。

寝る前につける香水の場所

寝る前につける香水の場所

寝香水は、どこにつけると効果的なのでしょうか?おすすめの場所と、つけるときの注意点を見ていきましょう。

うなじ

日中の場合、うなじに香水をつけると香りがキツく感じられます。また香りは下から上に立ちのぼる性質があるため、下半身につける方がよいとされています。

しかし寝ているときに、下半身に香水をつけても効果を感じられません。体に直接つけるなら、うなじや耳の後ろがおすすめです。

お風呂上がりの清潔な肌に、少量振りかけてから休みましょう。朝には香りが落ち着いているので、翌日にほんのり香らせたいときにもぴったりのつけ方です。

ただし、香りの強いヘアオイルやボディクリームを使うと、香水と混ざっていやな香りになることもあります。できるだけ無香料のものを使うか、間隔をしばらく空けて香りが飛んでから香水をつけるとよいでしょう。

パジャマ

パジャマに香水をつけると、体の動きに合わせてふわりと香り、とても癒されます。肌が弱い人や、翌日に香りを残したくない人は、香水をパジャマに振りかけてみましょう。

ただし香水の種類によっては、お気に入りのパジャマにシミができるおそれがあります。最初は目立たない場所に少しだけつけて、様子をみることをおすすめします。

洗濯の際に、香り付きの柔軟剤や洗剤を使う人も要注意です。パジャマに柔軟剤の香りが残っていると、寝香水の効果が薄れてしまいますよ。

枕や布団

枕や布団など、寝具に香水を振りかけると、寝室全体に良い香りが漂います。寝返りのたびに寝具から香りが立ちのぼり、安眠効果も高まるでしょう。

強く香らせたいときは顔の近くに、弱めにしたいときは足元にと、つける位置で香りの強さを調整できるのもメリットです。

寝具の場合も、パジャマと同様シミや柔軟剤の香りには注意してください。また皮脂汚れがついたまま香水をかけると、イヤな臭いの元になります。

無香料の洗剤でよく洗い、しっかりと乾燥させてから香水を楽しむようにしましょう。

寝る前につけるおすすめの香水3選

寝る前につけるおすすめの香水3選

寝る前につける香水は、キツさのない穏やかな香りが適しています。寝香水としても重宝する、おすすめの香水を三つ紹介します。

①イソップ「ヒュイル」

オーストラリア発のナチュラルコスメブランド「イソップ」の香水は、天然精油を高濃度で配合した自然な香りが魅力です。

アロマテラピーと同じくらいのリラックス効果が期待でき、寝香水にもぴったり。特に「ヒュイル」は、日本の森林をイメージした清涼な香りが、安らぎをもたらしてくれます。

男性の愛用者も多いので、カップルで使いたいときにも◎。

女子力を高めたい人には、バラの一生を表現した「ローズ」もおすすめです。その日の気分に合わせて、使い分けてもよいでしょう。

寝香水おすすめ

いきなり購入するのはちょっと・・・って方はこちらがおすすめ!香水の定期便「カラリア」でお試しできますよ。

②J-scent「和肌(Yawahada)」

引用:J-Scent

「J-scent」は和をテーマにした日本の香水ブランドです。「紫陽花」や「力士」「落雁」など、和風なネーミングが特徴的。

「和肌(Yawahada)」は、川端康成の小説「眠れる美女」をモチーフに生まれた香りです。ミルクやライスパウダー、ローズをブレンドした柔らかくて甘い香りが、日常のストレスを忘れさせてくれます。

少し心が乾き気味の人は、「花街」を使ってみましょう。ローズやイリス(アヤメ)、ジャスミンなどのフローラルな香りが、乾いた心につややかさとうるおいを取り戻してくれます。

③AUX PARADIS「#04 Savon (サボン)」

「AUX PARADIS(オゥパラディ)」は、日本生まれのオーガニックコスメブランドです。産地の分かる天然香料にこだわったフレグランスアイテムも、たくさん出しています。

どれも上品で軽やかに香るので、寝香水にも最適です。特に「サボン」は、洗い立てのシャツのような、清潔感のある香りが魅力です。

高いリラックス効果で知られるラベンダーとジャスミン、合成ムスクのパウダリー感が程よく調和し、まさに石けんを思わせます。

甘さが控えめでさっぱりしているので、寝苦しい夏の夜にも使えますよ。

お気に入りの寝香水をつけて快眠を!【まとめ】

寝香水

香りは五感の中でも最も早く脳に届き、心身にさまざまな作用をもたらすとされています。紀元前の昔から愛用されていた事実からも、寝香水の効果は確かなものといえるでしょう。

寝香水は、お出かけ用の香水で代用してもよいですが、できれば専用の香水を用意するのがおすすめです。昼と夜とで気持ちが切り替わり、一層効果が期待できます。

あなただけのお気に入りの香りを見つけて、ストレスフルな毎日を乗り切りましょう。

まずは寝香水も少量からお試ししたいかたはこちらをおすすめします。

1ヶ月で使い切れる!!

香水定期便カラリアで試してみる