サブスクって何?サブスクロードマップはコチラ

ホテル暮らしがサブスクでできる!?おすすめサービス4選と注意点を紹介

ホテルサブスク

ゆうき

ノマドワーカーに憧れるんだけど、ホテル暮らしのサブスクってあるの?おすすめのサブスクは?

この記事では、サブスク30個以上体験した「サブスクPro」の私が、ホテル暮らしができるおすすめのサブスクをご紹介します。

ホテル暮らしのサブスクは、登録された宿であれば定額で利用できることから、旅好きの人にはありがたいサービスです。

一方で、ホテル暮らしをサブスクでする上で注意すべき点も解説しますので、気になっているかたは、ぜひチェックしてみましょう。

ホテル暮らししたい人におすすめサブスク4選

ホテル暮らしをしたい人におすすめのサブスクは、以下の3つです。

それぞれの特徴をみていきましょう。

おすすめ①HafH(ハフ)

引用:HafH
プラン名月額料金(税込)特徴
ライト2,980円1泊まで宿泊可能
毎月50コイン付与
1泊あたり50コインに変換
スタンダード初回8,820円(10%OFF)
2ヶ月目以降は月額9,800円
3泊まで宿泊可能
毎月200コイン付与
1泊あたり50コインに変換
スタンダードプラス15,800円5泊まで宿泊可能
毎月350コイン付与
1泊あたり50コインに変換
プレミアム30,800円10泊まで宿泊可能
毎月750コイン付与
1泊あたり50コインに変換
プレミアムプラス82,000円上限なし
毎月2000コイン付与
1泊あたり50コインに変換

おすすめポイントは、以下の3つ

  • 日本全国1017以上の施設がある
  • 色んなプランから選択でき、いつでも休会可能
  • 余った宿泊数はコインに変換して貯められる

プランが複数あるので、使用頻度や目的に応じて選んでくださいね。

 

おすすめ②ADDress (アドレス)

アドレス
引用:ADDress
月額料金(税込)44,000円~
敷金・礼金・保証金必要なし
契約期間1年間(最低利用期間90日)

おすすめは以下の4つ!

  • 定額で全国住み放題
  • 生活・仕事に必要なものが完備されている
  • 同伴者も無料で滞在可能
  • 個室が予約できる

 

特に「鍵付きの個室」は、リモートワークやクラウドソーシングなど、仕事に集中したい人におすすめ。

「都会の喧騒を忘れてリフレッシュしながら仕事をしたい!」という人にはぴったりのサービスといえるでしょう。

 

また、「パートナー制度」といって1名だけ無料で追加できるので、仕事仲間や恋人と一緒に楽しみたい人にもおすすめですよ。

 

登録は無料!

今すぐ会員登録する

・家の詳細情報がチェックできる
・気になる家の予約状況がわかる
・多拠点生活のイロハがわかる

おすすめ③Hostel Life(ホステルライフ)

引用:Hostel Life
プラン名月額料金(税込)特徴
お試しパス9,000円・1ヶ月の間に3泊まで宿泊可能
・泊まれなくても翌月以降に繰り越し可
二拠点パス22,000円~・家とホステルの2拠点生活
・1年契約すれば月1.65万で泊まり放題
ホテル暮らしパス45,000円~・住民票を置くことも可
・月49,500/人で利用できる
「個室プラン」もあり

おすすめのポイントは以下の3つ!

  • 新しい人と地域に出会えるきっかけになる
  • 手軽に始められるので節約になる
  • 全国24都道府県36箇所の施設に泊まれる

最短で当日中に利用開始可能

無料登録する

無料登録で、初回時に使える1000円OFFクーポンがもらえます。

 

おすすめ④unito(ユニット)

物件のあるエリア仙台市・東京23区・神奈川県
中部地方・関西地方・九州地方
物件数360件以上
1カ月の家賃3万円台~
初期費用預り金:1カ月分家賃の60%(退去時に返却)
初回登録料:9,800円~(物件による)
敷金・礼金
仲介手数料・更新料
なし
水道光熱費家賃に含まれる
退去費用なし
付帯設備家具・家電・Wi-Fi
共用施設(物件により異なる)
物件のタイプホテル・ドミトリー・シェアハウス
カプセルホテル・アパート・民泊
最短契約期間1カ月(家賃は日割り計算)
その他住民票登録可の物件有り

ゆうき

unitoについてさらに詳しいことはこちらで解説しているので、ぜひ読んでくださいね。

 

家具家電付き・敷金/礼金なし!

部屋を探してみる

月に5日から住める部屋が探せる!

ホテル暮らしのサブスクを利用する際に注意すべき点

ここまで紹介した、便利でお得なホテル暮らしのサブスクには、いくつか注意点もあります。

 これらの注意点を詳しく見てみましょう。

注意点①ドミトリーや相部屋が多い

注意点1つめは「ドミトリーや相部屋が多い」ことです。

 

ADDressは個室ですが、HafHとハンモサーフィンはドミトリーと考えておいた方がよいでしょう。

「寝るときは1人でくつろぎたい」という人にとってはしんどく感じるかもしれません。

 しかし、ドミトリーや相部屋では「ゲストや現地の人との交流を楽しめる」というメリットもあります。

メリットやデメリットを考慮した上で、検討することをおすすめします。

 

注意点②想像以上に疲れる

2つめは「想像以上に疲れる」ことです。

 「旅して働くって楽しそう!」と感じるかもしれませんが、意外と疲れます。

最初はお試しで何日か使ってみて、自分に合いそうなプランや日数を考えましょう。

 ただし「結構疲れるもの」と心構えができていれば、旅好きにとっては楽しい気持ちのほうが上回りますよ!

 

ホテル暮らしのサブスクは画期的!【まとめ】

今回は、ホテル暮らしのサブスクでおすすめのサービスと、利用する際の注意点を紹介しました。

ホテル暮らしのサブスクには、個室で泊まれるサービスから拠点が多いサービス、格安で利用できるサービスなど多種多様です。

予想以上に疲れるという声もありますが、それ以上に楽しめるのが、ホテル暮らしのサブスク

気になる方は、無料でメール登録し情報を収集、お試しプランがあるなら、とりあえず試してみることをおすすめします。

今回、紹介したホテル暮らしにおすすめのサブスクは以下の4つです。

 チェックしてみてくださいね。