ハピタスでポイ活しよう♪ Wでポイント貯まる!登録はこちら→Click!

高血圧治療にサブスクリプション|月額4,600円からオンライン診療で薬の処方

2017年の国内における高血圧有病者数は約4300万人おり、そのうち治療中かつ血圧が適正にコントロールされているのは約1200万人(約27%)といわれています。*1 また、高血圧が主な原因となる脳・心血管疾患は、日本人の死因の第2位(心不全)と第3位(脳卒中)*2 であるだけなく、寝たきり(要介護5)の原因第一位(脳血管疾患)*3 となっています。
*1高血圧医療ガイドライン2019(2019年4月発行)
*2厚生労働省:平成29年(2017)人口動態統計(確定数)
*3厚生労働省:国民生活基礎調査 平成28年調査結果

東京女子医科大学とのIoT×都市型遠隔診療に関する共同研究の完了のお知らせ及び結果速報より

これを読む限り、自分が高血圧であるのか知っていない、もしくは知っていながらも治療していないということです。決して他人事ではありません!

さらに、高血圧に起因する死亡率は年間10万人と推定されているようです。多くの人が危険に晒されているということだと間違いなく言えます!

そこで一般社団法人テレメディーズがオンラインでの高血圧診療支援サービスをサブスクリプションで開始すると発表しました!

高血圧治療のサブスクリプション【テレメディーズBP】

「自宅で受診できて降圧薬も郵送で受けとれる」というシステムです。

高血圧治療での悩みが解決!

  • 治療を続けなければいけないとわかっているけど、忙しくて通院が続かない
  • 薬局での待ち時間が長すぎる
  • いつも同じで薬をもらうだけなのい、通院や診療待ちに時間がかかってイライラする

これで待ち時間がなくなります

・高血圧専門家が家庭血圧を定期的にチェックして治療アドバイスを送付

・オンライン診療通院不要、待ち時間なし
(初診は必ず対面診療、医師が必要とした場合は対面診療を行う場合あり)

・診察料も薬代も込み安心の月額定額制

テレメディーズBPの特徴

    1. ビデオ通話によるオンライン診療で来院不要
    2. 困ったことがあればチャットですぐ相談できる
    3. 高血圧専門家がチーム体制でサポート
    4. 薬が自宅に届くので薬局での待ち時間もなし
    5. Bluetooth搭載の血圧計が利用できる
    6. Weldyマイカルテを無料で利用できる
    7. 診察代も薬代も送料まで全部コミコミの月額料金
    8. いつでも治療経過にアクセスできる
    9. 遠方の場合は往診も可能

料金プラン

1つの薬で良好な治療成果がある場合

月額4,600円(税抜)・・・ジェネリック医療品を希望の場合

月額5,600円(税抜)~・・・AG薬または先発薬を希望の場合
(詳細は見積もり)

2つ以上の薬が必要な場合

2種類以上の薬がいる方は見積もりによって価格が変わります。

テレメディーズBPアプリの使いかた

まとめ

約8割の患者さんが病院での待ち時間がストレスのようです。

高血圧は長期の治療となるので、ストレスが溜まるようだと治療継続を断念してしまう方も少なくないのもわかるような気がします。

高血圧治療を自宅で無理なく続けられるこのサブスクリプションはとてもいいと思います。今後も他の治療に広がっていくといいですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です